歯槽膿漏 歯磨き粉 人気

歯槽膿漏に効く人気の歯磨き粉

 

歯槽膿漏に効果のある歯磨き粉はいろんなメーカーから発売されていますが、どの歯磨き粉にしたらいいのか迷ってしまいますよね。

 

そこで、今売れている人気の歯槽膿漏予防歯磨き粉をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,人気

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴

 

・もっとも強力なブラジル産プロポリスを配合

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、その殺菌力で歯周病や口臭を予防します。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病や口臭を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯周病や口臭を予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯周病や口臭を予防します。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を抑制します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯周病の炎症を緩和します。

 

・茶エキス

 

  消臭作用があるので歯周病による口臭に効果を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を和らげます。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで行き渡らせることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,人気

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌、口臭を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯周病を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,人気

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯周病の症状や口臭を緩和します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善、口臭に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,人気

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを修復し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・マクロゴール400

 

  タバコのヤニなど歯に沈着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑制する

 

・ゼオライト

 

  歯石の沈着を防止し虫歯を予防

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を消毒する

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血やむくみを抑制する

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌する

 

・これ一本でお口の悩みの大部分をカバーします。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,人気

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

こちらの商品は歯磨き粉ではありませんが、歯磨きだけではどうしても口臭が消えないという方に大人気の商品です。

 

口の中に「シュッ」とスプレーするだけで、口臭が消えます。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑えます。

 

他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果があります。

 

また、持ち運びが便利なのでいつでもどこでも気になったときに使用することができます。

 

即効性もあり、スプレーしてすぐに口臭を抑えることができます。

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

 

 

歯槽膿漏とは?

 

歯槽膿漏は歯周病が悪化して、腫れたり出血したりした状態です。

 

歯と歯茎の間で歯周病菌が繁殖して起こります。

 

おもに歯垢がたまり歯石となって、その歯石にあいている小さな穴を住処に細菌が繁殖します。

 

歯槽膿漏になると口臭がきつくなったり、歯茎が痩せてきて歯が長く見えます。

 

最終的には歯が抜けてしまうこともあります。

 

 

 

 

 

歯槽膿漏の原因

 

歯槽膿漏とは歯周病のことです。

 

学術的には歯槽膿漏という呼び方は使用されなくなり、現在では歯周病といわれています。

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。

 

歯を磨かないと歯と歯茎の間に白い粘土質の汚れが付きますが、これが歯垢です。

 

この歯垢をそのままにしておくと歯石になって歯にくっついてしまいます。

 

歯垢は食べかすではなく細菌の塊です。

 

歯垢1ミリグラムに10億個、300種類近くもの細菌がいます。

 

この中に歯周病菌も含まれていて、からだの免疫力が下がった時などに感染します。

 

歯垢は粘土質なので丁寧な歯磨きによってある程度取れますが、丁寧に歯磨きをしても歯垢を完全にとることは不可能といわれています。

 

また、歯石になってしまうと歯磨きをしただけでは取れません。

 

歯石はそれ自体石みたいなものなので悪影響はありませんが、歯石の表面が凸凹していて細菌が増殖しやすい状態になっています。

 

そのままにしておくと歯周病を悪化させます。

 

歯石は歯磨きでは取れないので、歯医者さんに行って取ってもらうようにしましょう。

 

 

 

 

 

歯槽膿漏の症状

 

・歯茎が腫れたり、出血したりする
・知覚過敏になる
・歯茎が痛む
・歯茎から膿が出る
・口臭がきつくなる
・歯がぐらついてくる
・歯が抜ける

 

 

歯槽膿漏の初期の段階だと歯周病専用の歯磨き粉を使用して丁寧に歯磨きをすれば治ることもあります。

 

ただ、歯槽膿漏の初期の段階は歯槽膿漏に感染したことに気づきにくいです。

 

気付かずに放置しているとどんどん症状が悪化し、歯を支えている歯槽骨という骨が溶けてきます。

 

歯茎は歯槽骨を覆っていてその高さに比例しているので、歯槽骨が溶けて下がってくると歯茎も下がってきます。

 

歯茎が下がってきて歯が長くなってくると見た目にも良くありません。

 

最終的には歯槽骨が歯を支えきれなくなって歯が抜けてしまいます。

 

 

 

 

 

歯槽膿漏対策

 

歯槽膿漏がひどくなってしまうと対策するのは難しく、歯医者さんに行って治療するようになってしまいます。

 

治療するのもかなり面倒なので、初期症状のうちに対策をしたほうがいいです。

 

歯槽膿漏対策で一番効果のあるのは丁寧な歯磨きです。

 

丁寧な歯磨きで歯周病の原因である歯垢をきれいに取り除きましょう。

 

また、歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯と歯の間もきれいに汚れを落とすようにしてください。

 

歯と歯の間が狭い場合にはデンタルフロスで、少し隙間がある場合は歯間ブラシを使いましょう。

 

歯間ブラシについては太さの種類がありますので、自分に合うものを使ってください。

 

歯磨きをするときには歯周病専用の歯磨き粉を使用すると効果的です。

 

歯周病専用歯磨き粉には殺菌作用や炎症を抑える効果などの成分が含まれているものもありますので、自分に合ったものを使うようにしてください。

 

 

 

 

歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉とは?

 

・殺菌成分や抗炎症成分が入っているもの

 

歯槽膿漏の原因は歯周病菌と呼ばれる細菌です。

 

なので、殺菌効果のある塩酸クロルヘキシジン・塩化セチルピリジニウムなどが含まれているものを選びましょう。

 

丁寧なブラッシングも大切ですが、ブラッシングだけではどうしても磨き残しがありそこから細菌が繁殖します。

 

なので、強い殺菌効果の歯磨き粉がいいと思います。

 

また、歯茎が腫れたり出血したりするので、抗炎症作用のある-グリチルレチン酸・イプシロン-アミノカプロン酸などが含まれているものを選びましょう。

 

色々な歯磨き粉が発売されていますので、特徴的な成分を配合しているものもありますので、殺菌作用、抗炎症作用のある物にしてください。

 

 

 

・研磨剤が入っていないものを選ぶ

 

歯槽膿漏になると歯茎が下がってきて、隠れていた象げ質の部分が露出してきます。

 

この象牙質はとても柔らかく研磨剤が入っている歯磨き粉で磨くと、象牙質の部分に傷がついて劣化が早まったり、傷の部分に歯周病菌が繁殖してしまいます。

 

ただ、歯磨き粉に研磨剤が含まれていないと式ぞが沈着して、歯が汚くなってしまいます。

 

歯の色が気になる場合には、研磨剤が含まれているものと含まれていないものを順番に使うようにしてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

・フッ素入りの歯磨き粉を選ぶ

 

フッ素母の再石灰化を促進する効果があります。

 

歯槽膿漏で露出した象牙質を守る効果が期待できます。

 

 

 

・発泡剤無配合のものを選ぶ

 

泡立たないほうが口の中に留まりやすく、成分の浸透が期待できます。

 

泡がたつと磨いた気分になるために磨き残しが多くなり、また、口を念入りにゆすぎ過ぎてしまい有効成分が流れてしまいます。

 

なので、歯槽膿漏の歯磨き粉は発泡剤無配合の泡立たないタイプのものを選びましょう。

 

 

 

 

 

歯槽膿漏に効果的な歯の磨き方

 

おすすめの歯磨き粉を紹介しましたが、実際のところ一番歯磨きで肝心なのは磨き方になります。

 

なぜかというと、歯周病となる原因はプラーク(歯垢)という雑菌の塊であって、これらのプラークを取ってしまうというのが一番の歯周病対策となるのです。

 

歯磨き粉は、歯ぐきや歯の健康を改善する手助けするものと言えます。

 

しっかりと歯が磨けていない場合、歯周病の元となっているプラークが留まり続け、歯周病というのは治りませんし、予防もできないのです。

 

歯磨き粉の効果的成分を有効活用するうえでも、正しい歯磨き法を身に付けたいものです。

 

歯磨きのやり方としては実のところたくさんありますが、歯周病対策に効果的であるのは「バス法」という歯磨き法です。

 

歯ブラシを歯に対し45度の角度から、歯と歯ぐきの間に毛先を入れるみたいにして磨く方法です。

 

1、2本ごと丁寧に磨いてください。

 

このような磨き方をすれば、全部磨きくのに5分以上は必要です。

 

いい加減な歯磨きを3回するぐらいなら、正しい歯磨きを1回行うほうが効果があります。

 

少なくても1日に1回は期間を設けて歯磨きをしてください。

 

また、歯ブラシはあなたの状態に応じて、痛みの無いレベルの硬さの歯ブラシを使ってください。

 

硬めの歯ブラシのほうがプラークを落とすには問題ないのですが、歯肉がはれていると痛みが生じることもあり得ます。

 

形状はヘッドが小さく平坦な毛先のものが良いでしょう。

 

大きすぎたり、山切りだと細い隙間や奥歯に磨き残しが増えてしまいかねません。